出産祝いのギフトやプレゼントについて紹介しているサイトです。 出産祝いのギフト

ベビー服のギフト

出産祝いのギフトの定番といえばベビー服です。子供がいない方はどのサイズを購入すればいいの?やっぱり少し大きめを購入するべき?などいざ探し始めると疑問がどんどん膨らんできます。ここでは喜ばれるベビー服の種類や選び方、サイズなどを詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ベビー服の種類

生まれたての赤ちゃんが一番初めて着る服は、真っ白の肌着が定番です。この肌着は短いものと、足首まである長いものの2種類があります。素材はガーゼや綿100%で縫い目は赤ちゃんの肌に触れないように全部外側に出ています。そして着物や浴衣のように前合わせになっているので、ついている紐で結んであげます。この肌着、新生児の頃は特にですが、何枚あっても足りない位なので、プレゼントするととても喜んでもらえます。自分では買わないような少し高価なものでさらに柄が入っている肌着も可愛いのでおすすめですね。この肌着の次に着るものが、コンビ肌着というもので、股下から2つに分かれていてボタンで留めるようになっています。これは6ヶ月くらいまで着れますので、先を見越してあげるにはいいかもしれませんね。少し大きくなってきたら肌着の上に着せる、ツーウェイオールという、ワンピースにも股下をボタンで留めてズボンにもなるタイプのものがあります。3ヶ月位まではワンピースで着させて、それ以降はよく動くのでズボンタイプで着させることができますので、とても喜ばれますよ。柄や素材もたくさんの種類があります。おすすめはオーガニックコットンでできているものです。値段が意外としますので自分ではまず買わないので、とても喜んでもらえます。

ベビー服のサイズ

初めてベビー服を買う時ってサイズがいまいち分からないですよね。新生児用で50〜60なのですが、この新生児用は本当に生後1ヶ月位までしか着ることができません。赤ちゃんってとにかく成長が早いのですぐに洋服が小さくなってしまうんです。先を見越して買うなら80がおすすめですが、80を着る頃には生後5ヶ月位にならないといけないので、なかなかこのベビー服を登場させることができませんよね。なのでおすすめは70です!生後1ヶ月以降に軽いお散歩を始めます。だいたい2ヶ月になればスーパーにも普通に連れて行く方がほとんどだと思います。生後2ヶ月になれば70であれば少し大きいですが着させることができます。お出かけ用に可愛い70サイズのベビー服を出産祝いのギフトとして贈られてはどうでしょうか?

ベビー服の選び方

ベビー服を選ぶ時に必ず、国産のものを選ぶようにします。新生児はとても肌が弱いので出来る限り綿100%やガーゼ素材のものなどのお肌に優しいものがおすすめです。贈る相手が初めての出産の場合でなければ、さほど気にすることはありませんが、初めての場合は、赤ちゃん全てに敏感になっているのでベビー服の素材ひとつでもとても気になるものです。先を見越して大きめのベビー服をあげる時は、赤ちゃんも成長しその分、皮膚も強くなってきていますので、そこまで神経質になる必要はないかもしれませんね。素材の他には、出来る限りシンプルなベビー服を選びます。リボンやワッペンなどたくさんついているものは、着させるのに手間がかかりますし、赤ちゃんの手や顔にひっかかってしまうことがあります。