出産祝いのギフトやプレゼントについて紹介しているサイトです。 出産祝いのギフト

出産祝いを贈る注意点

出産祝いのギフトを贈る注意点ですが、出産前に贈ってはいけません。出産というのは赤ちゃんが生まれて大きな泣き声を聞くまで無事に生まれてくれるか分からないものです。妊娠後期に入っても切迫早産などでとても悲しいことですが無事に生まれない場合もあります。無事に生まれたよ!という連絡を受けてから贈るようにして下さいね。ここではさらに詳しく出産祝いを贈る時の注意点を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。



出産祝いのギフトは必ず送る

赤ちゃんが生まれて、母子共に健康!と聞けば会ってお祝いを渡したくなりますよね。産後すぐに会ってもいいのは、家族だけというのが理想ではないでしょうか。出産を経験していない友人の場合、とにかく嬉しくて会いにきてお祝いを渡すことが多いですが、実はお母さんは出産で体力を使い果たし、お祝いどころではないんです。自然分娩で出産しても入院中は身体が痛くてまともに歩けない程なんですよ。そして顔もお肌もぼろぼろ。こんな姿見られるのは恥ずかしい!って思う方が意外と多いんです。帝王切開のお母さんの場合は、しばらくは点滴のままなので話すことも大変ではないでしょうか。ですので出産祝いのギフトは自宅へ送ることが1番だと思います。送る時期は出産した2週間後以降から1ヶ月の間がいいですね。1週間入院して自宅に戻ってすぐにお祝いが届いても、育児に追われ見る余裕も、お礼の連絡をすることも、大変なんです。



お金でお祝いを渡す時

出産祝いをお金で渡すことも悪くはないと思います。趣味が合わない場合は何を贈っていいのか迷ってしまいます。こんな時は封筒に入れ出産お祝い金を渡しましょう。友人関係であってもお祝い用の封筒で渡すことが常識です。この時の「のし」は出産祝いでかまいません。ただ現金を渡すだけでは、なんだか物足りない感じがしてしまうと思うので、手紙を同封することをおすすめします。お祝いだけでも嬉しいものなのに、さらに手紙が入っていたら感動しますよ。お金になりますので、出来る限り直接会った時に渡します。この時の時期ですが、出産祝いとしては遅いかもしれませんが最低産後1ヶ月以降がいいです。これより速い時期の場合、お母さん自身の体調が戻っていませんので、相手に大変な思いをさせてしまいます。どうしても1ヶ月以内に贈りたい時は、現金書留などを利用して下さいね。

赤ちゃんに安全なものを贈る

基本的なことですが、赤ちゃんが口に入れても問題ないもの、赤ちゃんが身につけても問題がないものを贈ります。初めて赤ちゃんのギフトを贈るのであれば、赤ちゃん専門店へ行き、自分の目で確かめて触ってから贈りましょう。新生児は特にお肌が弱いので、出来るかぎり国産で作られているものをプレゼントする方が、お母さんも喜ばれるのではないでしょうか。ぬいぐるみをあげるのであれば、毛がふさふさしていないものがいいですね。赤ちゃんは何でも口に入れるのでこの毛まで食べてしまいます。