出産祝いのギフトやプレゼントについて紹介しているサイトです。 出産祝いのギフト

出産内祝い

出産祝いを贈ると必ず出産内祝いを返すことが常識になります。この出産内祝いを忘れてしまうと大変失礼にあたります。親しい友人であっても出産内祝いの「のし」は必ずつけて贈って下さいね。「のし」をつけることで、赤ちゃんの名前もしっかり覚えてもらえますし、相手も赤ちゃんの名前を忘れていて聞くに聞けない。となっていたとしてもこの「のし」で解消されます。産後はとにかくばたばたしますので、出産前にある程度の出産内祝いの内容を考えたり、カタログを取り寄せている妊婦さんも多いのではないでしょうか。 ここでは出産内祝いについて紹介していきますので、 出産祝いを贈ろうと考えているかたも、ぜひ目を通して頂き、内祝いの大変さを少しでも共感して頂きたいと思います。

出産内祝いについて

出産内祝いとは、出産のお祝いのギフトなどを頂いた方に、感謝の気持ちをこめてお返しを贈ることをいいます。昔はこの内祝いは赤飯などを炊いて近所に配り歩いたそうです。しかし最近では食べ物や、日常で使用できるものをお返しとして贈ることが多いです。贈る時期ですが、基本的には生後1ヶ月のお宮参りが終わってから贈ります。この時は必ず「のし」をつけて贈って下さいね。「のし」の名前ですが、子供の生年月日と苗字と名前を書きます。出産内祝いの金額の相場ですが、頂いたお祝いの「3分の1」位をみなさん贈っているようです。ですので、出産祝いを贈る際にあまりにも高価なものを贈ってしまうと、この内祝いの時に相手にも負担になってしまうので、心のこもったフラワーブーケやフラワーアレンジ・花のギフトはどうでしょうか。

出産内祝いの賢い贈り方

出産内祝い、何を返そうかな。と悩まれる方がほとんどではないでしょうか。お祝いを頂いた数だけお返ししますので、相当な金額の出費があります。なのでおすすめはインターネットやカタログを利用することです。例えばですが、1万円以上購入の場合は何割値引き、同じ場所へ配達する場合は何割値引き、というように特典がついていることが多いです。あとはお歳暮やお中元の時期に、この出産内祝いが重なっている方はとてもラッキーですよ!お中元やお歳暮って、まとめて入っているので結果、定価で購入するよりも、ずっと安くなります。サービスカウンターでお歳暮やお中元と書いている「のし」を、出産内祝いに変えて下さい。というとだいたいのお店は、無料で変えてくれ子供の名前まで入れてくれます。

出産内祝いの人気の贈り物

まずは相手が家族がいる方の場合は、食べ物や洗剤が喜ばれます。子供がいる家庭であれば、普段購入しないようなお菓子の詰め合わせや、飲み物の詰め合わせ、洗濯洗剤のセットなどがとても喜ばれます。少し年配の方に贈られる時は、ブランドものの食器の詰め合わせや、タオルのセットが定番ではないでしょうか。また色々な高級な油のセットも意外と喜ばれますね。健康に気遣っているような人であれば、なた豆のお茶やタヒボ茶なんかも喜ばれますよ♪友人や知人のような若い世代には、ボディケアグッズやワインなどが喜ばれます。また最近では、カタログを相手の家に届くようにして、指定された金額の中から相手に好きな物を選んで頂く。という出産内祝いのギフトが一番人気になっています。産後で色々大変だとは思いますが、相手に喜んでもらえるような内祝いをぜひ贈って下さいね。